注文住宅は高い?

新築一戸建住宅を大きく分類すると「建売住宅」と「注文住宅」の2つに分けることができます。一般的にはすでに完成をして販売をされている建売住宅よりも、設計段階から打ち合わせに参加をして自由度の高い注文住宅の方が価格が高いと言われています。価格が高くなることにはいくつかの理由があり、建売住宅の場合は住居者の意向に関係なく建築会社が勝手に設計や部材選びをおこなえるのに対して、設計や部材選びに住居者の意向を反映させなければならない住宅は手間や時間がとてもかかります。例えば、1棟建てるまでの間に建売住宅を3棟建てれる場合もあるため、その分価格も高く設定されているのです。 ただし、その中でも一から十まで細かく指定できる住宅あれば、決められた部材の中から選んで建てる住宅もあります。細かく指定ができる住宅は価格が高い傾向にありますが、セット販売されている住宅の場合は、ある程度使用する部材が決められているため、安い価格で大量に仕入れをすることが可能で、決められたいくつかの間取りの中から選ぶ場合が多いため、建築会社側の手間が少なく、比較的安い価格で販売をされていることが多いです。 このように、注文住宅の価格はさまざまで一概に高いとは言えません。お金に余裕があり、こだわりの強い人は細かく指定ができる住宅を選び、家のテイストが好きでそのままでも良いという人はセット販売された住宅を選ぶなど、自分に合った条件の住宅を選ぶと良いでしょう。

LINKS

住宅エコポイント制度が実施されていますので、注文住宅は省エネ住宅がお得かもしれません。省エネで快適な生活ができます。


平均的な注文住宅の相場は

注文住宅は、一生に一度のチャレンジだと思います。だから簡単に考えてはいけません。何を隠そう、自分の経験談なのですが、少しお付き合いください。 私の場合土地探しから始めたのですが、その土地がなかなか決まらず、結局家内の実家の近くに、小さい土地があったのでそこにしました。まず家を建てるための第一条件はクリアーしたわけですが、次の第二弾、建築屋さんをどこにするかということにになり、住宅見学会を何件も見て回りました。結果、某地元の建築屋さんに決定して、いざ着工。工法は当時流行の2X4工法でした、この工法は従来工法より工期が短く、地震にも強いということで、急激に普及した工法のようです。確かに我が家も3か月ぐらいで、完成しすぐに引っ越し、快適生活が始まるはずでしたが、隣の住民が、雪止めをつけないとうちの家に雪が落ちてくるとうるさく言っていましたが、そこは設計段階で計算してあるので大丈夫、とにかく様子を見てくださいと言うことで、納得してもらいました。結果は計算どり大丈夫でした。 家は予算の関係もあり小さめにしましたが、今考えるともう少し大きくしておけば良かったなとか、物置をもう少し多くしておけばよかったなど、後悔はたくさんありますが、温かい暮らしができているのが一番です。 住宅は一生に一度の大きな買い物、予算の検討、土地探し、建築屋さん探しどれ一つとして手を抜けない大変な大仕事です。検討に検討を重ねても、なかなか満足のいくものにならないかもしれませんが、人生には妥協も必要だと思っています。つつましくても、あったかな家と、家族とに恵まれていることに感謝して生活して行きたいと思う、今日このごろです。